周遊舎ブログ

同人ゲームサークル周遊舎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パチ組み VI ファシネイター!

やっとFC2の障害が復旧したのでヴァリアブルインフィニティ(V.I.)ファシネイターのレビューです。

今回もカメラ部分等をガンダムマーカーでちょっと塗っただけのパチ組みです。

pat_fasci_01.jpg


写真が多いので続きから。
 

まず、成型色から。
写真で分かるかどうか分からないけど、グレーの部分は2種類の色があります。
分かりやすいところでは脚部の膝と脛の部分で微妙に違います。

個人的にはパープルとの兼ね合いから完成塗装見本よりも実際の成型色のほうが好み。(笑)
武器の成型色も全てグレーで統一。


背後から
pat_fasci_02.jpg


ブースターは稼動します。
一応以前のデュアルフェイス版U3コアやセレナコアのブースターを付けられます。
・・・が、逆は無理でした・・・。
折角だからこのあたりももう少し互換があればいいのに。

pat_fasci_03.jpg


可動はこんな感じ。
っていうか脚と腕は既出パーツだから今更って感じですが。(笑)

しかし、脚や腕を組んでVIシリーズ開始当初に比べ格段に組みやすく、そしてパーツ精度も上がったのだなぁと実感します。
本当にこの脚と腕は接着が必須なんだよなぁ・・・。

そうそう、脚はちょっとだけ改良されてたみたい。
記憶が確かなら脚の付け根部分、脚をロールさせる所のパーツの形状がほんのちょっと変わっていた。
少しだけ脚を開きやすくなった???(確証なし)


頭部パーツ。
pat_fasci_04.jpg

分割がとても良く考えられていて本当に良い感じだ。

んで、今回アレだったところ
pat_fasci_05.jpg

この頭部パーツのアンテナ部分。

・・・折れました。(苦笑)
写真は接着後のもの。

折れやすそうなパーツは毎回かなり気を使って取り扱うんだけど、今回は取り扱いに気を使ったのに折れた・・・。
横方向の力に弱いので組み立て時には注意しよう!

コア部分。
pat_fasci_06.jpg


パーツ分割のされ方がかなり”意識”されているね。
こうなって
pat_fasci_07.jpg


こうなる
pat_fasci_08.jpg

LRのOPムービーであったコックピットの展開ギミックを組み込めといわんばかりの親切設計。(笑)
何でもかんでも懇切丁寧にギミックを詰め込むよりも、こういった感じで拘る人には挑戦しやすい形で提供される形の方が嬉しいよね。

おまけ。
コアをサイドから。
pat_fasci_09.jpg

成型色のシルバーがアクセントになって良い感じ。

そんでいつものコア比較。
pat_fasci_10.jpg

中量コアとしてはこんなものかな。
つーか比べてみるとガイアコア(中央上)って小型だよなぁ。

98E2コア(左下赤)元は軽量コアだったのに・・・。ファンの間での略称が軽実コアといわれるくらいなのに・・・。(笑)
U5コア(ファシネイターのコア)とほぼ同じ印象だもんなぁ。

そして組み換え!
pat_fasci_11.jpg


pat_fasci_12.jpg

シルエットが完全に変わって面白いよね。
もっと印象を変える為に腕の形を放棄しているタイプの武器腕が欲しい。


アニメとかだと敵の幹部クラスが乗ってそうな感じで。(笑)
pat_fasci_13.jpg


pat_fasci_14.jpg


pat_fasci_16.jpg



せっかくクレスト強襲(SLのOP機)と同じパーツが多いので出来るだけ再現してみた。
無いパーツはシルエットが似ているものをチョイス。
やっぱりコアが大きいのでクレスト強襲っぽさがイマイチでない気が。
pat_fasci_17.jpg


pat_fasci_18.jpg



今回一番気に入った組み換え。
なので写真多め。(笑)
pat_fasci_21.jpg


pat_fasci_22.jpg


pat_fasci_23.jpg


pat_fasci_24.jpg


pat_fasci_25.jpg


pat_fasci_26.jpg

これで脚もクレスト系だったら文句なしなんだけどな。(クレスト信者(笑))


今回のファシネイター、既出パーツが多いにも係わらず定価が高め。
原油高やコトブキヤ(VI)の規模を考えてもちょっと定価が高い。

一番最初に原油高を考慮にいれない価格が出てたけどそれと比べても約1500円の上昇っぷり。
なんだろう、この価格やけに政治色(言ってみればなにか横槍があったのではないかとかそいう言う感じ)を感じるんだけど・・・。

今までコトブキヤのVI担当部署とモデラーの間には信頼関係があったと思うんだ。それはアイテムのチョイスや、イベントでの対応他諸々についてアーマードコアという作品に対する”愛”を感じたからに他ならないんだよね。
そこで、この驚異的な価格上昇にちょっと違和感が。
例えばこの価格上昇が妥当であったなら、今まで発売されていたキットも軒並み1000円くらいの定価の上昇があると思うんだよね。

・・・それともファシネイターの価格アップだけで、他のVIシリーズの価格上昇を吸収できるということなのだろうか。

他にも先日の静岡ホビーショーでの参考出品されたモバイル4の主役機にしても、今まで大量買いしてきたファンの心理をあまり考慮されていない気がするしなぁ。

とはいえ、AC好きの自分としては今後もVIを買い続ける事に違いは無いけども。(笑)
 
 
[ 2008/05/21 10:31 ] V.I、模型 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

周遊舎のゲーム




大空での大バトル
クリフハンガー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



ラブラブゆみちゃん大暴れ
ゆみちゃんがみてる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



てんやわんやのシューティング
戦うメイド おサル攻防戦!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



爽快!ブロック崩し
AIRてに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。