周遊舎ブログ

同人ゲームサークル周遊舎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゲッサン 2013年7月号

例のごとく今月も発売から少し経ってしまいましたがゲッサンの感想です。
というか・・・ゲッサン物凄く面白いよね?

「ゲッサン編集部こぼれ話」に書かれているけど8月発売の9月号から大型新連載攻勢があるらしい。
より一層面白い作品が増えるといいなぁ。


アンケートはこちら。
ゲッサンアンケート:
 

○ヴァニラフィクション
「Chapter:10」

表紙&巻頭カラー!!!

最初全く別の漫画かと思ったよ!(笑)

つーか・・・ただのDQNじゃなくなって血の通った人物になってこの先の展開がより一層楽しみになったねぇ。
あんなに荒れて頭のおかしい人間でも自分の子供は大切にしているというのが妙にリアルだ。
というかDQN刑事が負けフラグをガンガン積み上げている気が・・・。(笑)

でもこれ刑事の方が先に忍先生の情報を持っているのって物凄く有利なような。
それを忍先生がどうやって覆すのかも楽しみなんだけどね。


○ひとりぼっちの地球侵略
「第16話 過去へ・・・」

過去編に突入!
岬一君が可愛くて困る・・・。
というか幼少期って割と死に敏感だったりするような気がするんだけど岬一君は分かったよで済んじゃうだな。
素直というかなんというか。
とはいえそのおかげ(?)で希と出会うんだけど。

でも岬一の”がっかり”は”絶望”とは違う気がする。


○MIX
「第14話 春が来れば」

野球での進展ではあるんだけど、まさかあのオッサンが監督とは。(笑)
というかヒロインも新に投入されそうだし、どういう風に人間関係が発展していくのか楽しみだ。


○月曜日は2限から
「12限目:ただの紙きれ」

まさかのエロ展開!!!
・・・全然エロくないけどな(笑)

というかあんなにカンペ仕込んでたら何かの弾みで絶対ばれると思う気が。(笑)
つか・・・下着の下にカンペ入れてどうやって試験中に取り出すつもりだったんだ。

・・・いや・・・瑞季なら平然と取り出しかねない。(笑)
そして依智子ちゃんと居村君は絶対的な被害者だよな・・・。


んで!
今月も2本掲載!!!
(というか1本しかないことの方が少ないんじゃ?)

「13限目:さぶたいとるはじめました」

夏休みのフライング笑った。
そして一瞬で終わる夏休みにも笑った。(笑)

夏休みには依智子ちゃんに何かチャンスがあるかと思ったら全く無かった。
そんなものは無かった。(笑)


○放課後さいころ倶楽部
「第6話 ふたりと一匹」
「第7話 こんなぬくい」

カラー!!!
しかも放課後さいころ倶楽部も今月は2本掲載!
まぁ2話で一つの話だったしね。

そして今回は今まで以上に面白かった~!!!

というか姉妹揃って天然か!(笑)
方向性はちょっと違うけど、この天然な感じ悪くない。

っていうか翠ちゃんは完全に花さんの事憧れの対象になったよね。
その天然ぶりに多少ガッカリもしたみたいだけど。

そして更に進む綾ちゃんのネタキャラ化・・・。(最初からそんな感じだったような気もするけど)
面白展開は綾ちゃんから始まる!!!(笑)
役割分担として実にいいと思います。
なんといっても第1話で”ノーパン”になったしな!(笑)

そんでもって今回のゲームも面白そう!
今回のゲームは是非ともやってみたいと思った。
まぁ、見た目かわいいのもある。(笑)

プレイヤー同士で争うだけじゃなくて共闘的な部分もあるのが面白い。
ところで盤面に書いてある数字って何なんだろ?
それがちょっと気になる。

もとい。
次回はどんなゲームが来るのかとても楽しみ。

ちなみに放課後さいころ倶楽部に協力している「すごろくや」さんのサイトはこちら
すごろくや:


○あやしや
「第16話 三人分エンヴィー」

なんだかんだでみんな咲に甘いのが微笑ましい。(笑)
あんなにヒロイン力が低いのに・・・(ヒロイン力関係ない)

それはさておき。
次回何か大きく話しが動き出しそうな気配!
これは鬼導隊と仁、それから鬼神族(?)が鉢合わせしそう?


○くちびるに歌を
「第4話 今を生きていこう」

これってサトルの父親が一番アレだよなぁ。
しかも当のサトル自身が内向的でそのことを打破しづらいという・・・。

それでも合奏部としての活動はしていけそうで良かったけど。
でも男子の中で本当に合唱したいと思っているのサトルだけの予感が。
とはいえ明るい兆しでもあるから楽しみにしたいね。


○アサギロ
「第52話 ふさわしい金」

実に”らしい”幕府の言い分。
幕府っていうかお役人というか。(笑)

そして変わりつつある国内の雰囲気。
それら含めての幕末の”空気”がしていいねぇ!
尚且つ新キャラも出てきてどうなっていくのか。


○よしとおさま!
「第49難 その男の執着」

あれ?割とあっさり。
というか、悠里の理由って平凡というかなんというか・・・。
人の心なんてそんなものかも知れないけど、もうちょっと壮大な何ががあるものかと。(”狂気”とかね)

でも変に不快感があったりしなかったのは良かったかな。
そして今まで散々遊ばれていたのが登場して・・・さて。
綿貫はどう動く?


○アオイホノオ
「第61章」

タッチの第1話のカラーをそのまま掲載とか島本先生もよっぽどだな!(褒めてる)
最初てっきりMIXがらみのゲッサンの企画化と思ったよ!(笑)


○タケヲちゃん物怪録
「第19夜 酒呑童子(後編)」

瀧夜叉がデレた!!!
姫ちゃんがデレたっ!!!

いや~デレているとは思ってたんだけど確証がなくてな。(笑)
つーか、完全にツンデレじゃないですか。
いいねいいね。(喜)

それから酒呑童子よ、煮えたぎるような事したら風味が飛んじゃうだろ!
と最初に思ったり。(笑)
血に風味も何もないとは思うんだけど、最初に酒が出たからなぁ。

んで、この件は無事収束したけども、なんだか西洋的なのが来た!
花嫁って・・・これは・・・間違いなく・・・ですよね?(笑)


○時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。
「第21話 夢原逸花の長い話」

ここで夢原先輩の過去話きたよ!
っていうか・・・これ完全にヒロイン・・・。(笑)
これは宗也君を好きになるわな。
元々自分達の思想の基になるような人だしな。

でもやっぱり今までの行き過ぎな行動が邪魔をして素直に萌えられないという。(笑)
こうして両者の背景が書かれるとどちらにも感情移入してしまってどうしたらいいか分からなくなってしまうねぇ。
果たして宗也君の今後の行動やいかに。


○切り裂きウォルター
「第4話 草原にて」

カラー!

おお過去描くの早いな!
でもまぁ、過去は置いておくとして。

ホームズの兄なんていう人がいるんだったらまず最初に行けと。(笑)
ホームズ自身も行方不明なんだし。


○6のトリガー
「第18弾込 空飛ぶ深海魚」

なんというか冒頭の老人。
何の為に出たんだ・・・。
っていうかこのタイミングで出たらやり手で一筋縄ではいかないタイプかと思ったら・・・あっさり終わった。(笑)

いや別にいいんだけどね。
んでキーになりそうな”フロスト”さん。
つーか・・・死んでると分かるまでの流れちょっと面白かった。(笑)
この状況でこれからどういう風に話が進むのか楽しみ。


○ちろり
「第25話 ・・霞」

いいね、この雰囲気!
口半開きも悪くないけど、お互いに髪の毛のセットをし合うのが物凄くいい!
ちろりが今まで以上に可愛くなって萌えた。(笑)

っていうか髪の毛をちろりに梳かしてもらっているマダム滅茶苦茶可愛くないか!?
いや~最高!
いいもの見た。

んで何気におじいさんがいい味出してたね。
確かに「俺も」ってワケにはいかないわなぁ。(笑)


○迷宮入り探偵
~気になるあいつは迷☆探偵~

かんば先生連載継続おめでとうございます。
っていうか迷宮入り探偵割と好きだったりします。

つーか、今回も力押しだなぁ。(わりと褒めてる(笑))
そして江戸川キャノンはまた出てきそうな気がする・・・。


○あだちプロ見学ツアーに言ってきました。

かんば先生の描くレポート漫画!
っていうかこれレポートになってるのか?(笑)
かんば先生の描くあだち先生が強烈過ぎて他の印象が全く無い。(笑)

でもまぁ、ヤバン人は笑った。(笑)


○ぼくらのカプトン SEASON3
「Scene28~30」

どんどん弟子丸ワールドになってきてる・・・。
弟子丸に隙が無さ過ぎる。(笑)

っていうかこれ試合の作戦としてはかなりいいんじゃ?
まぁ地力のあるチームには通じないだろうけど。(笑)


○第三世界の長井
「第45話 『主人公』達 その7」

つーか”長井”出てこない。(笑)
次号新展開とあるのでそれに期待したい。

っていうか
「おねがい スイセイゴウ」
っていつの間に始まってた。(笑)


○信長協奏曲
「第49話 戦国の女子」

これで浅井も滅亡ですな・・・。
なんだかんだで秀吉の描写も増えつつあるね。
そして竹中さんの鋭い観察眼も・・・。

何気にこの作品内では秀吉よりも秀吉の弟の秀長の方が不気味だ。


○ツール・ド・本屋さん
「北海道一周編」

M上さんの体がもう・・・ない。(笑)

それはともかく、周囲の横山先生の扱いがどんどん手馴れている感じがいいね!
横山先生と編集部の駆け引きというかなんというか・・・先生が踊っているというか踊らされているというか。(笑)

それにしても金子ナンペイ先生の仕事の仕方すごいなぁ。
しかもソレを絶対に楽しんでやっているというのが更に凄いというか。
漫画からその仕事に対する姿勢やなんかが伝わってくる横山先生も凄いというか。

んで!
今回は何よりも!!!
島本和彦先生だっ!!!(笑)

つーか!
島本先生自ら島本先生のキャラ絵にペン入れとかすげー・・・。
色んな意味で。(笑)

その顛末は次号で描かれるだろうからそれを楽しみにしよう。
(まぁ、ツイッターで流れを追ってたから大体知ってるけど(笑))

にしても・・・今月号のツールド本屋さんは特に面白かったねぇ。
登場人物が多かったからだとも思うけど。
濃い人ばかりだったし。(笑)
というか横山先生の人物描写が素晴らしいんだと思うけど。


ここからは別冊付録

ゲッサンmini

の感想を!
特に気に入った作品だけの感想ですが。


○からかい上手の高木さん

山本崇一朗先生の新作~!!!
面白かった~!!!

前回のゲッサンminiの時の「歩いて下校」も面白かったけどそれ以上に面白かった!
っていうか時間がある度にゲッサンmini開いて高木さんと西片君の表情みてニヤニヤする自分気持ち悪い(笑)

そう、なんと言ってもその表情がいいのよね。
一番は「ろうかみろ」で廊下から西片君をみる高木さんな。(笑)
あの表情が素晴らしい。
そしてその後の西片君の表情もいいね!

その他にも消しゴムに自分の名前が無いことに落胆する西方君とか、実は「ろうかみろ」が書かれている裏側に”西”の文字がチラリと見えていたりとか甘酸っぱい感じもいいアクセントになっていて好き。
何気にコマの端に前回の「歩いて下校」の3人がいたりするもの好き。(笑)

ゲッサンminiの表紙裏表紙のカラーもこの作品の絵なんだけどこれもかなり好き。
というかポストカードか何かにしてくれないかなぁ。
A4とかB5くらいのポスターでもいい。(というかあまり大きいと保存に困る(笑))

ゲッサンminiでの連載決定って事でこれからも継続して山本先生の作品が読めるということなので今後がとても楽しみ!!!
(毎月じゃないのが残念ポイントだけど)


○ブレザーと眼鏡

小山愛子先生のシリーズ第1回~。
本当にタイトルどおりの作品。

だが、これが結構いい感じ。
こういう雰囲気いいよね。

名前がずっと判明しなかったら神(笑)


○みんな未確認

斉藤ゆう先生の作品~。

ははーん。
さては登場人物全員宇宙人だな?(笑)

このなんとなくだらけているようで妙に緊張感がある空気が好き。
っていうかETのマネ吹いた。(笑)


○よりすぎた

かんばまゆこ先生・・・。
かんば先生の作品はいつも掴みというか取っ掛かりはいいんだけど、そこから転がらないというか・・・。(笑)
その取っ掛かりは嫌いじゃないんだけどね。

っていうかまぁ耳のドアップ見開きは笑ったけどさ!
あれはちょっと卑怯なんじゃないかと!(笑)
 
 
[ 2013/06/15 19:27 ] 漫画雑誌感想等 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

周遊舎のゲーム




大空での大バトル
クリフハンガー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



ラブラブゆみちゃん大暴れ
ゆみちゃんがみてる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



てんやわんやのシューティング
戦うメイド おサル攻防戦!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



爽快!ブロック崩し
AIRてに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。