周遊舎ブログ

同人ゲームサークル周遊舎

ゲッサン 2012年8月号

近所の書店で今月もゲッサン山積み!
入荷数多いぜ!
今月も入荷数が多いって事は先月号も確りと売れたって事だよね!
読者が増えるのは嬉しいね~!

って感じでゲッサンの感想いきます!

アンケートはこちらから
ゲッサンアンケート:


ひとりぼっちの地球侵略
第5話 凪くん復活!!

表紙&巻頭カラー!

遂に双子の兄が物語りに合流。
ちょっと先輩が寂しそうな感じもするけど、さてどう物語が動いていくのか気になるね。




MIX
第3話 人見知りなのよ

特に進展なしと思わせといて物凄い伏線(?)来た!
実はあんまりタッチと絡まないのかと思ったら・・・キタコレ!?
投馬父と何か関係ありそうだねぇ。

タッチとの関連以外にも投馬と走一郎がどう野球部を変えていくのかも楽しみなんだ。


鉄楽レトラ
第11話 隣の家のニワトリが卵を産んだ

大増ページ!!!
というか、今までもそれなりにこの漫画を楽しんできたけど、今回が一番面白かった!

3人の関係とかそういうのが本当に辛かったり楽しかったり。
そして多分この作品のテーマだと思う、自分にとって何気ない事が他の人にとって大事なことになっている事が分かりやすくまた ” 普 通 に ” (←ココ大事!)描かれてる。
途中まで鉄宇(きみたか)が傍観者状態だったのが決める所を確り決めたのも良かったしね。

そして卵で笑った。(笑)
そして、じいちゃんかわいい。
で、とりあえず山田は氏んでよし。


時坂さんは僕と地球に厳しすぎる。
第11話 火のないプールに煙はたたない

最高。
今回面白かった!

でもこれギネスに申請したら意外に通りそうな気もしなくも無い(笑)
・・・いや、ギネスのレギュレーションとか知らないけど。

それにしても今回ちょこちょこ出てきた髪形が崩れて涙目の時坂さんかわいいなぁ・・・。


森の中

センターカラー!
田辺イエロウ先生の読み切り!

面白かった!
道中も良かったしラストも良かったし、姫(としておこう(笑))もかわいいし、グスタフもかわいい(?)し。

この話の続きも見てみたい気もする。


タケヲちゃん物怪録
第8夜 坂田鉄 見参

新キャラいい人でした。(笑)
この鉄君のバックにいる人もタケヲちゃんの持つ陰の気と関係あったりして。

なににせよまたにぎやかになりそうだな。(ずっとにぎやかだけど(笑))


ちろり
第14話 春の航

イギリス人よりもマダムの方が外国人っぽい件。(笑)
まぁ、それはさておき。

ちろりの心遣いがなによりも響くねぇ。




アサギロ
第40話、第41話

今月は2話掲載!

遂に「一」の男が姿を現したわけですが・・・。
41話ラストの惣次郎と「一」の男の邂逅のシーンはカッコよすぎる!




よしとおさま!
第39難 最大の危機

そして際立つのは綿貫のイイやつさ加減な気がする。(笑)


ぼくらのカプトン SEASON2
Scene31~Scene33

なんというか谷口はもう試合出れない気がするね。(笑)
つかおっさん誰だよ本当に。


銀の王
第二章

短期集中連載。
扉に「その進化ぶりに反響続々!!」
ってあったけど、絵以上に作風が全く違うから気づかないよ・・・。(笑)

もとい。
モブの女性キャラとかの使い捨て感がすげぇよ・・・。

というかこのシスターにもなにかあるよね?
血を飲まれても何も無いどころか逆に相手の方にダメージいっている感じだし。
ともあれ次回が楽しみだ。


アダンダイ
四の筆 江戸の華

今回妖怪出ないのかと思ったよ。(笑)
いや、冒頭に出てはきたけど、それっきりで終わるのかと。

・・・やっぱり一番怖いのは人間だな。
でも蔦屋の人は絵を欲しがってたから妖怪出ることまで折込積みだったのかな?

それにしても・・・白眉娘笑った。(笑)


6のトリガー
第7弾込め やわらかい右手

結局「遊園地」がツバメを欲しがる理由ってなんなん?

ザコとはいえ人的損耗までして欲しがるのはなんでなんだろう?
何か理由描かれてたっけ?
人間が変わるのは最初知らなかったからそれが理由じゃないし・・・。


第三世界の長井
第36話 壊れた神と序章の終わり その5

あれ?長井死んだ?
って生き返っても驚かないけど、この作品の”世界”がどうなっているのかさっぱり分からん。


リンドバーグ
第39話 出現

いいね!
面白くなっていきそうだ!
ティルダも合流したし、ニットも吹っ切れているし、味方の団結力も上がっているし!

次回からどう物語が進んでいくのか楽しみ!


ゲッサンしてみる。
ツール・ド・本屋さん


ツール・ド・本屋さん-疾走漫画家 横山裕二 第4弾!!群馬全店制覇編:

横山裕二 (gessanyokoyama)さんはTwitterを使っています:

おお!金環日食!
あれは楽しかったねぇ!

みんなの影が薄い
っていう表現が面白いなぁ。
あの金環日食の表現、あの時の空気感を表すのにピッタリの感じだと思う。
たった2ページくらいで金環日食の”雰囲気”が分かって本当に素晴らしいなぁ!

ところで、猫沢川のところでなぜこっそりジルバを混ぜなかった!(笑)
つーか、地元の人の
「どうしてこんな地味な県をまわってるんですか・・・?」
に失礼ながら吹いた。(笑)
いや、そうかもしれないけど、色んな土地の話を見聞きできるのは読者或いはツイッターのフォロワーとしても楽しいんですよ!

で、ちょっと真面目な話。
今回の「こんな企画やってんのに、無力なことこの上なし!!」について。

無力なんてとんでもないです。
このツール・ド・本屋さんという企画が持つ力をもっと信じていいと思うんですよ。
私はこのツール・ド・本屋さんという企画が大好きです。

というのも、今はデフレで不況で出版関係全体が大変だし、ましてやより弱い立場の個人店なんてより大変だろうけど、そうした小さな存在を一つに結ぶ事ができるのがこの企画だと思うんです。
どんな大きな流れだって最初は小さいものなんです。

最初は小さくてもそれが本当に多くの人たちにとって必要だったり、楽しかったり、利益になったりしたときそれは徐々に大きな流れになると思うのです。
或いはその流れを作ることが出来なかったとしてもこの企画を楽しんだり、横山先生が尋ねた書店様だったりがこの企画を基にして新たな流れを作ることもあるかもしれない。

そうした可能性や、小さな存在ひとつひとつを繋げるのがこのツール・ド・本屋さんだと思うのです。
というわけなので横山先生もカツ丼おごってもらえるように頑張ってください。(笑)

連載ではまだ群馬編途中だけど、現実での次のツール・ド・本屋さんはどこなのかな?
夏って事で北の方かしら?
楽しみだ。
 
 
[ 2012/07/12 17:04 ] 漫画雑誌感想等 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

周遊舎のゲーム




大空での大バトル
クリフハンガー


ラブラブゆみちゃん大暴れ
ゆみちゃんがみてる


てんやわんやのシューティング
戦うメイド おサル攻防戦!


爽快!ブロック崩し
AIRてに