周遊舎ブログ

同人ゲームサークル周遊舎

ゲッサン 2011年7月号

すごいすごいよ!新連載のちろり面白いよ!

そんな感じでゲッサン7月号の感想です。


QあんどA
第26話 あの庵堂の弟なのか?

陣野のターンくるか?!
今までいいところなかったからなぁ。(笑)

つか、久ちゃん何もしてねぇ。


ぼくらのカプトン
Scene46 ~ 48

Scene46の最後。(笑)
2年確りしろよ・・・。

んで・・・弱点って?(笑)


よしとおさま!
第26難 気にくわないアイツ

綿貫ももう善透側に付いちゃえよ。
多分そっちの方が未来は明るい。(笑)


ちろり

第一話 カモメ亭の朝

新連載!センターカラー!
物凄く面白いです!

分類分けするのなら雰囲気漫画になるんだろうけど、なんと言うか・・・この作品にはやられた!

この一話でやった事はちろりが朝起きて身支度してカフェの掃除してマダムと話した。
たったそれだけ。
でもなぜか心を揺り動かされた。

セリフも最初の方と最後の方に少しだけ。
ほぼ、ちろりのしぐさや表情そういったものだけで構成されている。

なのにこの心に訴えかけられるモノはなんだ?
とても幸せで清清しくてなんとも言いようのない幸福感。
まず一度読んで、そのあとなんだかもったいなくてゲッサンを閉じてしばしその余韻を楽しんだ。

そして二度目に読んだ時あふれ出てくる涙。
自分でも何で涙が出てきたのか分からないけど、その涙は感動とかではない。
ましては悲しみでもない。そういう漫画でもないしね。

なんだか分からないけど心を揺り動かす”なにか”が間違いなく存在している。
こんなに「出会ってよかった」と思えた漫画はないのではないか。

ちろりの身支度から感じる女性的な魅力もよさではあるけど、それはエロスとも違う人間的な魅力ともちょっと違う。
そのカフェの掃除から感じる魅力。
カップを磨いている時のちろりの心から感じる魅力。
やさしさ。気品とかそういった色々な人間としての魅力。

朝の清清しい空気とマダムとのコーヒータイム。
そういった全部をひっくるめた魅力。


2011年1月号に読みきりが載っていたというので見てみた。
自分の記憶にはなかったから。

それは良い悪い関係無しに普通の漫画と感じた。
この新連載の第一話、この話ほど揺さぶられる何かはなかった。
もしかしたら第二話そういった”普通の漫画”になってしまっているかも知れない。
けれど、今、この漫画を読む事が出来て、出会うことが出来て幸せだ。


余談ながら今月号の仕事場見たいし!もとい、ゲッサンしてみる。も必読。
こういうの好きなのね。


リンドバーグ
第26話 外道の業

リンドバーグたちが一斉に襲い掛かるのはカッコいい!


8月の面影

読み切り。
ゲッサンで「とある飛空士への追憶」のコミカライズをしていた小川麻衣子先生の読み切り。

こういうのも嫌いじゃない。
宇宙関係の仕事に就くまでの話、或いは就いてからの話とかも見てみたい気がするけどこれはこうして終わるのが一番いいのかも。

夕樹の口元が可愛くてナイス!


神さまと

読み切り。
こちらもゲッサンで「忍びの国」のコミカライズをした坂ノ睦先生の読み切り。

やべぇ。
萌える。
連載希望!

今までの連載がオドロオドロした戦国ものだっただけにセーラー服が

超新鮮!

冴えない方が神さま吹いた。(笑)
最初女の子の方が人間だと思ってでも途中であれ?と思ったら結局女の子の方が人間で合ってたというちょっとオモシロイ感じになった。

今回みたいなギャグテイスト盛りだくさんで連載してほしいなぁ。
久しぶりにアンケート出そうかな。ちろりの事もあるし。


Waltz
tempo21

ん?
帽子卿の所にたどり着いたのは苺原君だよね?
雰囲気が・・・。

てか、蜂蜜必要なの?(笑)


まねこい
第51話~第52話

どんどん人間関係の調整能力がついてきたハル。(笑)

でもホンチーには地雷踏んだなぁ・・・。
というか初期の頃にちゃんとある程度指摘しておかないから・・・。


アサギロ
第26話 仏頂面の女

新八の強さのランクがイマイチわからん。
まぁ、ハメはずす部分ばっかりだったしな。(笑)


姉妹だけに?

斉藤ゆう先生のミニ読み切り。
嫌いじゃない。

というかむしろ好き。
クールな妹のデレるところが見たい。

マコトの王者
Round26 Desert Storm

中身大地の方がガンガン押しているのがむしろ不安で、そうしたら最後・・・ダウン。
ぐっ!中身天堂の方がやっぱり上手か・・・。
経験と肉体と備えたパーフェクトな状態だからなぁ。

どちらが勝った方がより”幸せ”なのかも分からない。
ただ、中身天堂が勝ってしまっては中身天堂は多分救われない。

この作品がどう着地するのかも分からない。
それだけに楽しみ。


第三世界の長井
第24話 神の死骸その4

ラーメン女子中学生の活躍をもっと出せ!(笑)


信長協奏曲
第26話 逃走中②

竹中さんとミッチーの動きは予想通り。
というか予想外なのは道中で助けた女の子。

絶対何かあるな。
楽しみだ。

んで、家康。
いいね、家康!
信長に対する信頼感は半端ないな!(笑)
この家康が天下を取るまでも見てみたいと思ったり。
 
 
[ 2011/06/11 12:45 ] 漫画雑誌感想等 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

周遊舎のゲーム




大空での大バトル
クリフハンガー


ラブラブゆみちゃん大暴れ
ゆみちゃんがみてる


てんやわんやのシューティング
戦うメイド おサル攻防戦!


爽快!ブロック崩し
AIRてに